読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

鶴ヶ城行ってきました

日常

会津に出張する用事があって、時間に余裕あったんで鶴ヶ城を見に行ってきました。

 

城郭巡りの趣味は全然ないんですけどね。

でも、大きな石垣の合間を抜けて城に近づくにつれ、時代劇走り(草履履いて、足を高く上げずにスタタタと走るあれですね)してみたくなるのは(しませんが)、日本人のDNAゆえだろうか。

 

会津藩の歴史展示があって勉強になった。そりゃ長州藩恨みますよね。

 

一番目を引いたのは撮影禁止の刀でした。綺麗な刃文を見てると無意味にテンション上がるものがある。

ブシドーブレードバガボンドの影響かもしれませんが。

刀、けっこう短いんですよね。

あくまで美術品・奢侈品的な、権威を示すところに意味があって、足軽など兵士用の武器としては槍のほうが量産可能で実用性も高いというのは分かる気がしますね。

 

 

広告を非表示にする

スーパーダイナミックバドミントン

ゲーム

唯一のバドミントンゲームと言われるゲームです。

パーティーゲームとかでバドミントンのはあるけど、真正面でバドミントンやってるのはこれだけかも。

 

中学生くらいの時に中古屋で見かけてちょっと欲しかったんですけどね。

1980円くらいで案外高かった。

パッケージの絵が80年代感あるけど美人ですね。

 

スーパーダイナミック バトミントン

スーパーダイナミック バトミントン

 

 

 

 


ファミコン スーパーダイナミックバドミントン

 

もうちょっと当たり判定をイージーにして、多少タイミングずれてもヒットするようになってれば神ゲーだったかもしれませんね。惜しい。

 

 

Spring of Life & 我戀愛了

J-POP 洋楽

 

言わずと知れた名曲、名MVですね。もう5年前か…(遠い目)。

 

 

 Perfume - Spring of Life

(公式動画)


[MV] Perfume「Spring of Life」

 

 

衣装と振り付けの良さではPerfumeの歴代MVの中でもトップクラスだと思います。

 

 

ちなみに、台湾のMVで近い着想のを見つけたので貼っておきます。

 

張韶涵 ‐ 我戀愛了

(公式動画)


張韶涵 Angela Zhang - 我戀愛了 (官方版MV)

 

2009年の作品。

最初Perfumeのインスパイアかなと思いましたが、元ネタとしてはこちらのほうが古いんですね(Spring of Lifeは2012年)。

 

 

○○○○○○○○殺人事件

小説・ミステリ

文字化けではなく「○○○○○○○○殺人事件」です。

第50回メフィスト賞受賞作。

Kindleで読みました。

 

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)

 

 

いわゆるバカミスですが、さりげなく文章力が高い気がする。

閉ざされた孤島で起きる殺人事件。

オチは「そんなん分かるか!」でしたけどね。

まあ、読んで損はしない。

ただし、(乾くるみの『Jの神話』ほどひどくないけど)不必要なまでにR-18な箇所があるので、そこは踏まえたうえで、ですけどね。

 

 

その可能性はすでに考えた

小説・ミステリ

これは、各種ランキング1位とかいう何だか豪勢な売り文句に惹かれて買ったのです、井上真偽(まぎ)の『その可能性はすでに考えた』。

 

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

 

 

でも全然でしたね。一言で言うとガチャガチャしすぎ。

あと、綿密な謎解きという感じではなくてものすごく大味です。

特に、これをやるのであれば水平図面とか建物内部図面とか、もっと資料が精密に作成されてないと、そもそも皆が考案するトリック(真相)の意味が良く分からない。

助手(?)のフーリンのキャラだけは良かったけど…。

 

というか、こんなんで1位とか2位をとれてしまう状況がどうなのよと。

新本格の全盛期(有栖川有栖綾辻行人歌野晶午京極夏彦等々)なら、ぎりぎりでランク20位入るか入らないかくらいの作品かなと思いますね。

無理に新人発掘して下駄履かせるより旧作の復刻をですね…。

 

 

天帝の愛でたまう孤島

小説・ミステリ

古野まほろの天帝シリーズ3作目『天帝の愛でたまう孤島』を、(今さらながら)読みました。1作目は『天帝のはしたなき果実』、2作目は『天帝のつかわせる御矢』ですね。

 

前回記事

天帝のはしたなき果実(再読) 読了 - みちのく砂丘Ⅱ

 

とにかくアクが強くて衒学的で、それなりの推理小説その他のオタクじゃなければ楽しめないかもしれません。

 

天帝の愛でたまう孤島 (講談社ノベルス)

天帝の愛でたまう孤島 (講談社ノベルス)

 

 

でも、この3作目は抜群に面白い。後半から終盤の展開が本当に凄かった。

前2作を読んでからでないと、ある種の内輪ノリ(シリーズキャラの個性を理解していないと面白さがわからないところ)についていけなくて楽しめないと思うので、敷居は高いですが。

一応Amazonで4作目以降(今6作目まであるはず)も買おうとは思うんですけど、たぶんこの『天帝の愛でたまう孤島』を超えることはないんじゃないかな…。

 

おそらくですが天帝シリーズの最高傑作だろうと思います。今の段階で断言してしまいますが。

 

少しだけアクを弱めた幻冬舎文庫版も出ているようなので、いずれもお薦めです。

 

 

近年で本当に面白かったのは、この作品と、今までのブログでも紹介した中では

 

麻耶雄嵩『隻眼の少女』

三津田信三『厭魅の如き憑くもの』

森博嗣そして二人だけになった

 

ですね。

 

また、このくらい面白いのが読みたい。

 

 

広告を非表示にする

スイッチ今日発売ですね

ゲーム

どうなるんでしょうね。

基本、新ハードは様子見派なのでまだ買いませんが。

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 

 

 

これが出たら問答無用で買うっていうのは、まず携帯機でウイイレFIFAでも可)ができること。

今、まだこれ遊んでるんですよね…。

 

 

Amazonでも値下がりしてない。

携帯機のウイイレ需要がいかに高いかってことですね。

マスターリーグ遊び過ぎて、クリスティアーノ・ロナウドが既にゲーム内では37歳になってます。他のチームも顔ぶれが変わるので、チャンピオンズリーグの顔ぶれも、サッスオーロカリアリがベスト4に入ってきたりとカオスな状況ですし。

 

暇つぶしにちょうどいいのです。もうあまり手もと見なくてもCPUとの試合には大体勝てるし(難易度は「やや難」程度にしてますが)。

 

いいかげん最新データで携帯機で遊びたいんですよね…。ゼルダの伝説シリーズは実はあまり遊ばないので。

 

まあ任天堂ゼルダがこけたらまずいですよね。

スーパーマリオランもそんなに流行ってるわけではないみたいだし。

 

別にソニー派ってわけでもないんですけどね。

PSPのサービス終了させたのは、PSVitaとの互換性もないのに何だよって感じでしたし。

 

まあとにかくユーザーのニーズを全然汲んでない展開が続いているような気がするので頑張ってほしいですね。

 

 

Genie feat. Mayer Hawthorne

洋楽

フランスの音楽プロデューサー、Busy Pの新作です。

 

Busy P - Genie feat. Mayer Hawthorne

(公式動画)


Busy P - Genie feat. Mayer Hawthorne (Official Video)

 

 

ちなみにメイヤー・ホーソーンってのは多分歌ってる人の名前で、MVに出演している美女の名前ではないです。

この美女が誰なのかってのは…、コメント欄見ても私の語学力ではわからないですね。

 

 

広告を非表示にする

ゼビウス

ゲーム 思い出

ファミコンゼビウス

スーパーマリオブラザーズ」前にファミコン人気をけん引したキラーソフトだったそうです。

自分が物心ついた時にはすでにゼビウスよりもスーパーマリオが流行っていたのであまり遊んだことはなかったですが。

 

 


ファミコン ゼビウス Xevious

 

このゲームの革新的だったところはスクロール(画面が動く)と世界観でしょうね。

スクロール自体は初めてではなかったかもしれないけど、単画面のゲームが多い中でこのスクロールは綺麗だった。

 

自機(ソルバルウ)が前に進んでいるように見えますが、実際には下の背景(BG)を上から下に向けて滑らせているんですよね。

それで上空を飛んでいる感じを表現するという。

これはその後のゲームでずっと使われる手法ですが。

こういう工夫のプロトタイプが見られるのがこの時期のゲームの面白さですね。

 

 

広告を非表示にする

仙台さくら野の破産

日常 時事

今年いきなりの衝撃ニュースですね…。

夜に行ったんですけど、独立テナント以外は本当に全部閉まってました(特に婦人服売り場が2階を除いて全滅してたような)。

直営店の数が案外多いんですね。

 

「3.14 さくら野ホワイトデー」の垂れ幕がもの悲しい。

準備してたんでしょうね。

 

ここ数年の母の日・父の日プレゼントは全部さくら野で買ってました。

さすがにプレゼントなんでダイエー(現イオン)で買うのは何となく安っぽい気がするし(イオン利用者の方すみません。でも実家近くにもイオンあるので…)、かといって藤崎や三越は何か高いイメージがあるので、ちょっとだけ高級感のあるものを買うのにはちょうどいいんですよね。

店内も休日でも空いてるから(それが良くなかったのかもしれませんが)、ゆっくり買い物できるし。

 

大学時代は「さくら野」じゃなくて「ビブレ」で、HMVとか行ってましたけどね。全体的にオシャレな感じのデパートだった。

今はパルコと比較されるのですっかり古い雰囲気ですが、当時は十字屋とか、あとams西武(現ロフトですね。今がams西武だと思ってました…。時代についていってない)と比べれば何か洗練されたイメージだったのです。

時の流れですね。

 

 

広告を非表示にする