みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

大阪都構想

遠く東北の地から成り行きを見てましたけど、けっきょく大阪を都にしたらどんな効果が上がるのか、それはこの先日本にとってどういうメリットあるのかが良く分からなかったですからね。だから、まあそうなるのかなって結果。

公務員の数が多くて身分保障充実してるなら採用減らせばいいし。

というか普通に考えて府を都にしたくらいでいきなり公務員リストラできるわけないですよね。民間企業ですら時に問題になりかねないのに、公務員でそれやったら駄目だと思う。大体、そんなめちゃくちゃなリストラやったら公務員に優秀な人材集まりませんし。

民間人校長とかやってたけど概ね失敗してますよね。民間であれば持て囃された時代ではない。

公務員が怠けてるっていうけど、けっこうアウトソーシングとかで民間委託してる気はするんですけどね。大体ヘンにやる気出されても困る気もしますし。物凄い熱血な戸籍課とか嫌ですよね。

 

もうちょっと具体的に何が既得権益でそれを得てるのが誰で、どういうふうにすればその既得権益を潰せて、その結果市民にどんな良いことがあるのかを示せないと、勢いだけで人がついてくる時代じゃないですね。特別区にしたら財政問題一挙解決かと言うとそうでもなさそうだし。

その辺がいろいろ見えづらかった。そして見えづらいとどうしても保留するから、反対が多くなるんじゃないかと漠然と思ってました。ただ、賛成もかなり多いので驚きました。橋下氏も一応面子は保ったということになるのかもしれない。

 

広告を非表示にする