読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

砂の器

小説・ミステリ

 

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

 

松本清張砂の器』。

昭和を象徴する社会派ミステリと言うことで読んでみました。

 

宮部みゆき模倣犯』と同じように警察小説の面が強いので(というよりも後世の警察小説が松本清張など昭和の作家の手法を取り入れてるんだろうと思いますが)、馴染みやすくスラスラ読めました。

 

感想は、けっこう面白かった。

犯人はこの人かな?というのが序盤であからさまにわかるようにはなっていますが、展開に意外性もあるし。

あとトリックは時代にもかかわらず非常に先鋭的だった。というか初めて見た気がする。でも伏線もしっかりしてるので「何じゃそりゃ」にはならない。

この辺が筆力ですね。

 

 

広告を非表示にする