みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ウイイレ2014(3DS) その3

前回記事

ウイイレ2014 その2 - みちのく砂丘Ⅱ

 

相変らずネット対戦やってます。

今は大体ドイツ代表かチェルシー使ってますが、いずれは自分で育てたチームにしたいですね。

 

通算4戦目

自分:ドイツ代表 相手:アルゼンチン代表

 

凄まじい激闘の末、3-4で敗北。4点目は終了直前にメッシの突破から点取られました。素直に賞賛。ゴールシーンも飛ばしませんでした。自軍シュート25本、相手シュート36本。今までの7戦の中では一番の試合だったと思う。

 

 

5戦目

自分:チェルシー 相手:オリジナルチーム

 

相手はフォワードにメッシとネイマールセンターバックルーニークリロナがいる超攻撃的陣形。まともなDFってチアゴシウヴァとピケくらいだったような。何かメッシの突破から点取られたので、これ無理かなあと思ってたのですが、逆に相手の守りは脆く終盤で3-1に。でもそこで通信切られた…。通信切ると不戦敗扱いで切られた方の勝ちになるんですよね。つまりこちらの勝ち。たぶんごり押しドリブルが激しかったので相手の人小学生くらいじゃないかと思うけど…。

 

 

6戦目

自分:ドイツ代表 相手:コートジボワール代表

 

チーム選んだ時点で通信切られた。あれかなあ、さすがにドイツ代表は大人げなかったかなあ…。相手に合わせてせめてイングランド代表くらいにしておくべきだったか。単に画面タイプ「3D」にしたのが気に入らなかったのかもしれないけど。とりあえず不戦勝。

 

 

7戦目

自分:チェルシー 相手:バイエルン・ミュンヘン

 

これも相手のロッベンが猛威をふるって最初「あ、これ負けるわ」と思ったのですが、終盤で逆転して3-1。そこでまた通信切られる。とりあえず勝ち。あれかなあ、投了ってことなんだろうけど…。

 

 

けっこうねー、ロッベンやメッシでドリブルからのシュートが強いので、そういうゴリ押し系の相手が多い感じですね(実際、運が悪いと何点でもとられます)。ただ、自分の場合はウイングを最大限活用するので、相手が攻め上がり過ぎてカウンターになると相手サイドバックの後ろに広大なスペースができてることがたまにあるんですよね。そこを突いて得点ってパターンが多い。

 

よく使う布陣はこんな感じです。オスカルのポジションの負担が大きいですけど。

 

 

アザール          シュルレ

      F・トーレス

 

       オスカル

 

    ラミレス  ランパード

 A・コール        イヴァノビッチ

     テリー  D・ルイス

         チェフ