みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

二・二六事件

 

二・二六事件 (河出文庫)

二・二六事件 (河出文庫)

 

休み中にいろいろ読んだうちの一つ、「 二・二六事件」。

 

これも面白かったですね。天皇が必ずや自分たちに味方してくれると思って決起した青年将校たち。しかし軍の上層部も天皇も冷たい反応しかしてくれず、やがて「考えなおせば許してやるぞ」(嘘)という切り崩し工作が始まり、団結が瓦解していくという一連のストーリーを追った話です。

 

けっきょく、決起した彼らは全滅に追い込まれるわけですが、このせいで日本の政治家が軍に対して及び腰になってしまい、かえって軍の上層部が政治に好き勝手に介入することを許すきっかけになったと。

 

だから、軍というのが必ずしも為政者の思い通りに動いてくれるものではないし最悪の結果を生じることもあり得るということで。今こそ再考察されていい事件だと思いますけどね。軍は諸刃の剣。

 

 

広告を非表示にする