みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

真・女神転生Ⅳ FINAL その4(微ネタバレ有り)

前回記事

真・女神転生Ⅳ FINAL その3 - みちのく砂丘Ⅱ

 

LV70まで来た…。終盤ですね。

 

いや、今のところ、本当にけっこう面白いし出来の良いゲームだと思います。『真・女神転生Ⅳ』が一部光るものはあれど全体として微妙だったからあまり期待してなかったけど。

前作の主人公の名前、自分でつけた名前にできないのだけが残念ですけどね。(旧約聖書由来で「サウル」にしてたので)。何か性格も変わってるような気もしますが、今回は前作主人公は脇役扱いだから仕方ないのかな。

 

細かいところでゲームバランスがやや簡単めになってる気がしますね。特に一度仲魔にしたらその後は会話で仲魔にしやすくなる「顔なじみ」のシステムと、普通に戦ってても相手が降参してくる「脅威のオーラ」のおかげで仲魔集めの難度が下がってます。

 

ターミナルで移動する時の演出が大幅に省略可能になってたり、細かいところで改善されてるのもいい。

 

あと、前作では酷かったキャラデザインも、(そのままの仲魔もいますが)主要なところは改善されてるのは良いですね。メデューサとか、前作の絵(不評だった)とコンセプトは同じなのにかなり魅力的なデザインになってます。

 

アサヒはそんなにうざったくなくなってきたけど、しかし泣き笑い顔と恐怖の顔の表情はもう少し何とかならなかったんだろうか…。あと声の演技でも他の仲間に一段負けてる気がする。トキも何かあざとい感じですけどね。