読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

天帝のはしたなき果実(再読) 読了

小説・ミステリ

ようやく文庫版の再読終わりました。

 

天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)

天帝のはしたなき果実 (幻冬舎文庫)

 

 

前回記事

天帝のはしたなき果実(再読) - みちのく砂丘Ⅱ

 

真犯人は同じでしたけど、トリックとかはけっこう内容変わったかな?と思ったので、ノベルズ版を数年ぶりに再読してみましたが、大体同じでした。

 

特徴的な小説で、第2の事件はきちんと理詰めの本格推理してますけど、第1の事件は「そんなオチ分かるかー」ってレベルなんですね。

 

ラストのカタストロフィはほぼそのままでしたね。

でもラストはノベルズ版のほうが好きかなあ。

文庫版は表現がいろいろと直截的過ぎるんですよね。

 

しかしこれ、シリーズ化一切考えてなかったのかなあ。

 

若干ネタバレですが、シリーズ初作品の、この「天帝のはしたなき果実」で、良いキャラしてる登場人物が何人か、物語の舞台から消えるのです。

(だから一作目から読むのがお薦め)

 

残しておけば後のシリーズで使えるのに…と考えてしまうのは貧乏性なんだろうか。

ともかく、いろいろな意味で贅沢・豪華絢爛な推理小説です。

有りえないくらいアクが強いですが、青春時代の吹奏楽部的な、ちょっと痛々しいノリについていける人なら。