読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

非常識な建築業界「どや建築」という病

書籍

全然業界は違いますけど、読んでみました「非常識な建築業界『どや建築』という病」。 

 

「どや建築」ってのは、アート性を追求した結果、建築家としてはどや顔できるけど機能性や持久性、維持コストの点では良くない建築ということ、かと思います(本の内容からするに)。最初に槍玉に挙げられてるのは新国立のザハ・ハディド案ですね。

 

非常識な建築業界 「どや建築」という病 (光文社新書)

非常識な建築業界 「どや建築」という病 (光文社新書)

 

 

そうですね、写真で見たり、一度や二度散策する程度なら楽しいけど、ずっと住み続ける(使い続ける)となると不便そうな建物ってありますよね。

最近、日本で(おそらく)最も有名な建築家のデザインした渋谷駅もけっこうアレだったみたいだし。

 

写真付きで多くの建物を紹介してくれていますが、写真なしで建物が紹介されている箇所もあるので、読むときはインターネットで建物名を検索しながら読むとより面白いかもしれません。