みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

リオ五輪 バドミントン女子決勝

逆転に次ぐ逆転、すごい試合だった…。

リアルタイムで見ることができてよかったです。

 

スポーツでこんなに緊張して試合中継を見たの、いつ以来かなあ。

ほんとに良い勝負でした。

 

デンマークペア、ちょっとだけ態度悪いところも目立ってたけど、本当に手強かった。ディフェンスが堅かったし、終始リラックスしてて冷静だった。

最終セットで、たしか16対16からの鋭いレシーブ(ロブ)を見た時に、ああもう駄目かなと思ったんですね。

タカマツペアから見て右側奥のラインぎりぎりに正確に返してて、松友が取れなかった。何気なかったですが、落ち着きを感じさせる素晴らしいショットでした。

これで流れ持っていかれたかなあ、と思いつつ見ていたら案の定16対19で、ああこれはもう駄目だと。

そこからが本当にすごかった。

 

タカマツペアは二人とも表情が良いんですよねー。点取っても、ちょっとにやっとすることはあってもずっと引き締まった表情。

大げさに喜んだりもしないし、凹んだ様子もない。テンションの上がり下がりがなく、金メダルのプレッシャー云々の前に一点一点に集中する、その迫力と覚悟が違うなと思いました。

 

まあ今日の朝には新聞やテレビで結果は津々浦々に伝わるんでしょうけど、是非ですね、全編通して観戦してもらったほうが良い試合だと思います。