みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ドラゴンクエストⅤ(アプリ)その2 サラボナの話

サラボナ編、めちゃくちゃ迷ったのですがフローラにしました。

 

前回記事(ひとつ前の記事ですが)

ドラゴンクエストⅤ(アプリ) - みちのく砂丘Ⅱ

 

SFC版にはなかった会話システムが反則級ですね。

すなわち、ビアンカを選ばない場合でもその直前にちょっとだけ一緒に小冒険をするわけですが、そこでの会話内容がことごとく「言いたいけど、主人公の幸せのために言い出せない」系の会話で…。「これでビアンカ選ばなかったら鬼」みたいな気分に否が応でもさせられるわけです。

まあほとんどのプレーヤーは、フローラも良いけど他に誠実そうな候補がいるし、そもそもお金持ちで恵まれてるし…やっぱりここはビアンカを!ってなりますよね。前の記事で書いた通りフローラにするつもりだったのですがそれでも相当躊躇しました。

SFC版は会話システムがまだないため、ビアンカも割と淡々とついてくる感じだったので、フローラ選ぶ際の罪悪感がそこまではなかったんですけどね。

30代っていう年齢もあるのかなあ。子どものころはビアンカの悲哀なんてわからないから。

 

まあその分、ちょっとギャグっぽいデボラが最後の選択の時に出てくるので、かえって少し雰囲気が和らぐところはあるんですよね。

唯我独尊なデボラは旧ファンからはけっこう批判されたみたいだけど、選ばれない場合に想いを秘めたまま(というか無理に祝福してくるのでこれがまた辛い)去ってしまうビアンカの痛々しさをちょっと軽減してくれる感じがして良いと思います。選ばれなかった怒りを率直に表現して「グズ男」って言ってくれるのでね。

そこら辺は良く考えられてる感じはあります。