みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

麻耶雄嵩推理小説、久々に読みました。

『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』『夏と冬の奏鳴曲』に続くメルカトル鮎シリーズ三作目ですね。

 

痾 (講談社ノベルス)

痾 (講談社ノベルス)

 

 

とりあえず前二作を読んでからじゃないと意味が分かりません。

特に『夏と冬の奏鳴曲』は大事ですね。

なぜヒロインが「”桐璃”」なのかわからないと面白さが半減すると思います。

 

ちなみにもう一人のヒロインは「わぴ子」。

まあ今の若い人はきんぎょ注意報なんか知らないだろうから、今リメイクしたら「は?」ってなるのかもしれませんが。

 

けっこう後味は悪いですね…。覚悟して読む必要はあると思います。

ただこの作品の「銘」探偵ことメルカトル鮎は割と善人な感じでかっこいいですね(作品によっては犯人よりひどいことがあるので)。

今じゃ普通には手に入らないので読みたいときは古本屋かAmazonでしょうね。

 

 

広告を非表示にする