読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

アジア史論

12月31日はどの店も閉まっているか閉店時間早いですね。

これを読むため、某喫茶店にてコーヒー一杯でだいぶ粘ってしまいました(「度胸」が上がったかもしれない)。

 

アジア史論 (中公クラシックス)

アジア史論 (中公クラシックス)

 

 

国史に加えて、なぜか講談調の中東(西アジア)古代史も掲載されています。

 

あと巻末の「東洋史の上の日本」はとても面白いです。

日本は隋・唐に倣った貴族制を飛鳥時代奈良時代あたりから導入しているが、隋・唐の貴族制が全盛期を過ぎた後(唐の後に来る統一王朝の宋は士大夫の時代となる)だったのに比べて、日本の貴族制は当時まだ始まったところであり、同時代のアジアの貴族制だからといって単純に同一視すべきでない、とかですね。

成程、と。

 

広告を非表示にする