みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

左遷論

そろそろ人事異動の時期ですね、ということで。

特に思うところあったわけではないですが読んでみました、『左遷論』。 

 

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

 

 

割と読みやすかった。

特に日本型の会社組織の成り立ちの独特さ(役割による結合というより、家族・地域社会に似て人格的な結びつきの強い共同体)ゆえ、左遷という独特の感覚が生まれるという分析は面白かったです。

同時に組織に生きるだけがすべてではないとも。

気休め程度かもしれませんが、左遷(と思った時)に限らず不遇な時に読むと元気が出るかもしれません。

 

しかし買うにあたって微妙な勇気を要するタイトルの本ですね…。

 

 

広告を非表示にする