みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

真・三國無双7 その2

魏に続いて呉をクリアしました。

 

前回記事

真・三國無双7 - みちのく砂丘Ⅱ

 

戦場マップのグラフィックはほんと良くなってますね。

特に砂漠っぽい場所(黄巾の乱とか白狼山)は下手なファンタジーRPGよりも良い。

 

あと、合肥新城も個人的には好きですね。

古代中国にこんなテーマパークみたいな巨大要塞は有り得ないだろというツッコミは有るところですが、冒険してる感があって面白いのは面白い。

 

残念なのは、やっぱりマップが複雑な分だけ移動が煩雑になったところですね…。

特に徐州の戦いは、どちらの勢力で遊んでも、出発地と目的地との間のルートが煩雑で行き来しづらい。

 

結果として、正規のルートを(大きな段差からの落下等で)外れてしまうと、まるで集合時間に遅れた小学生のごとく敵も味方も全然いないマップをひたすら集合場所(メイン戦場)めがけて走ることになります。

小学生の時に何度か味わった気持ちをこのゲームで思い出すとは…。