みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

武戯

最近ブログ更新をサボってたのはこれを遊んでたからですね。

コナミの対戦格闘「武戯」(ブギ、と読みます)。

 

大学時代に中古で購入してみたことはあったんですけどね。

遊ばずじまいだった。

 

武戯

武戯

 

 

最近になって中古屋で見かけて、懐かしいなと思って600円で購入。

15年以上ぶりに遊んでみたところ、意外とあっさりクリアできました。

難易度低め?ということでどんどん遊び続け、隠しキャラを含めて全員出現させました。

大学時代よりゲーム慣れしてる自分もどうかということですが。

 

NORMAL MODE(CPU戦)くらいしか遊んでないですが割と簡単です。

とりあえず敵に攻撃をあてて体力減らしたらバックステップで距離を最大まで取って時間切れを待つ作戦で全クリアできます(セコい)。あと、敵がダッシュしてきたときはけっこう無防備なので、投げボタンを押せばそのまま投げ技が決まる場合が多い。

それじゃつまらないってことで正面から戦いを挑んでも、前半は70%、後半は30%くらいの確率で勝てます。

後半難しいじゃん、って思うかもしれませんが、そんなにこの手のゲームが得意じゃない私でも30%程度勝てるってことは、けっこう簡単です。

他の格闘ゲームだと、ステージ1だけは簡単だけど2以降の難易度が跳ね上がっていってラスボスなんか運次第ってことがありますからね…。それと比べれば易しいバランスだと思う。

 

お気に入りキャラクターは、初期8人のうちのある1名で攻略しないと出てきませんが、シンディ(CINDY)です。

 

格闘ゲームの女性キャラと言えば、大体が小柄で身軽、手数で勝負みたいなのが多くて、ちょっと意表をついたとしても投げ主体の女子プロレスですが(「武戯」には両方いますが)、シンディは長身の打撃系キャラ(骨法+ジークンドー)です。

実際に動かしてみるとモーションがかっこいい。ゲーム中(たぶん)一番の美人キャラで服装もシックなのに、攻撃方法が拳と蹴り主体なのは、ギャップが新鮮で良い感じです。

 

 

広告を非表示にする