みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

尊厳と身分

蟻川恒正教授の単行本、『尊厳と身分』。

昨年発売されてたんですね。

ちなみに1994年の伝説的名作『憲法的思惟』も復刻されて二冊セットで8000円くらいで購入可能です。

90年代の東北大OBなら当然買いですね(?)。

 

尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題

尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」という問題

 

 

憲法的思惟』と比べると、テーマが日本中心でとっつき易いものになってます。

中心的な記述は憲法訴訟や君が代不起立問題(『憲法的思惟』がアメリカ国旗不敬礼事件なので蟻川教授の得意分野です)だけど、小林よしのりとか安倍首相の発言に関するトピックもあります。 

 

しかし日本大学みたいな保守的な大学で、よくこんな攻めた論説を書けるなあ…。

やっぱり何だかんだ別格なんでしょうね。