みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

密室殺人ゲーム2.0

かなり前に買って読んだんですが、あまり印象に残っていなかった歌野正午の『密室殺人ゲーム2.0』。

余計な経緯や動機なんていらない、面白い密室ネタができればそれでいいという推理小説マニア精神を体現したようなまさにゲームですね。非倫理きわまりない内容ですが。

 

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)

 

 

全部読んだけど、でもほとんどは納得いかないですね。

というか結構複雑なトリック使ってるんですけど図表がないんですよ。

図表がないと、トリックの大胆さもわからない。

推理に納得いくのは「相当な悪魔」の章だけかな。

密室じゃないけど、なるほど、そう言われてしまえばその結論しかない、という点では納得です。