みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

王子ビンビン物語 それから白書

ずっと前にも書いたような気がしますが、パソコンの1987年のソフトです。

小学生当時、親戚の家で遊ばせてもらった思い出があります。

窓から山の見える田舎の家で、洋風のソファ、たばこの匂いが付いたパソコン、メリーゴーランドのような金色時計、引き出しの中の何だかよくわからない(たぶん仕事用の名簿とか)フロッピー、そういったのはよく覚えてますね。

 

思い出話はさておき、この「王子ビンビン物語 それから白書」。 

18禁ではなくそんなシーンもないですが、最強の剣が「セクスカリバー」など下ネタっぽいギャグは満載のようです。

このゲームの動画があるとは思わなかったのですが、オープニングだけ、まさかの存在。

 

 


sm18049680 -【店頭デモ】王子ビンビン物語(PC-88)

 

絵柄もセリフのノリもバブルの時代ですね。

舞台はちょっと中世ヨーロッパ的な日本、紀伊國屋王国。

浮気癖の治らない王子が、家出してしまった妻、白雪姫を探す旅に出かけます。

「れげぇのおじさん」から「せんじゅかんのん」から「すうぱぁ・かだふぃ」まで(最後のはヤバすぎますが)、これまたごちゃまぜな世界観の敵を倒しながら進むというもので、ゲーム自体はドラクエ風の内容です。

 

ちなみに、オープニングの最初で王子が一緒に寝てる女性は白雪姫ではないようです。 

王子もひどいけど、「誰でもいいから世間体が保てるような姫を連れて帰れ」と言っている王妃もだいぶひどいですね。

今復刻するなら表現をいろいろ修正しないといけなさそうですが、修正なしで復刻してほしいと思う、思い出のゲームです。