みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

真・三國無双3(ネタバレあり)

これは研修時代に遊びまくってましたので懐かしいソフト。

ゲームアーカイブスで1200円でダウンロードできたので遊んでます。

 

真・三國無双3 (Playstation2)

真・三國無双3 (Playstation2)

 

 

今の無双よりも表現が抑えめで難しい。

蜀シナリオをクリアしたのですが、「こんなに難しかったか?」と思うほど何度も敗北しました。

特に五丈原の戦いと南蛮平定戦。南蛮平定戦は5回くらいやり直してもクリアできない(敵陣に攻め込む前に味方総大将が負ける)ので攻略サイト見たところ、味方には目もくれず敵陣に突っ込むのが正解なんですね。そう言えばそうだった、と思い出しました。

 

まあ、今の無双よりも武将が少ないのは寂しいですが、手ごたえ感はあって、良いところもあります。

昔は一騎打ちシステムも嫌いでしたが、ガードを使いこなせば大体は何とかなるので(呂布夏侯惇あたりは絶対に一騎打ちしないほうがいいキャラです…)、そこそこ楽しい。

 

史実を微妙に改変してあるのはかえって良いですね。天下統一まで劉備曹操孫堅や初期時代の武将が生きているので。

ラストバトルもゲームっぽさが残ってて良いです。

蜀シナリオのラストバトルは呉との決戦なのですが、孫堅が敵ボスで、孫策孫権孫尚香の三兄弟は孫堅を撃破しない限り何度も復活してきます。その度に呉の士気が上がるので厄介この上ない。

そして、やっとのこと孫堅を倒すと、今度は孫策が総大将に格上げになり、孫権孫尚香が何度も復活してきます。孫策を倒すと次は孫権、それも倒してようやくラスボスの孫尚香戦となります。

孫尚香というか女性キャラがラスボスってシリーズ作品でもなかなかないですよね。

ファイナルファンタジーシリーズを思わせるかのような多段階ラスボス(しかもめちゃくちゃ強い)はなかなか斬新だと思います。