みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

中間管理職トネガワのナレーション問題

折角の大ヒット作品なのに、アニメ版がナレーションで台無しという問題。

少なくともアニメ第5話まではひどかった。

原作漫画自体は面白いです。

 

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

ナレーションに川平慈英のはしゃいだ声が絶望的に合ってないんですよね。

インターネット上でも超不評ですが、私も同じくです。

だから見ないって程ではないけどナレーション部分は終わるまで飛ばすことも多いかな。

 

川平慈英は悪くない、監督が悪いんだ、という人もいますが、いや、私は川平慈英も相当悪いと思いますよ。

だってプロでしょ?と思うわけです。

プロなら、その作品に何が求められるのかを理解してどんなナレーションが合うのかを考えて、監督がアホな指示を出してもそこは妥協すべきではないと思うわけですね。

最高のケーキパウンドに「焼肉のたれ」かけてるような、本当に誰でもわかる馬鹿な人選、そして川平慈英も馬鹿としか言いようがないと思います。プロ失格。

 

こんだけのビッグ・コンテンツを潰しかねない愚挙の代償はでかいでしょうね。

第6話は少しだけマシになった気がするので(まだ一部ひどいですが)、第1話から第5話は全部撮り直し、がプロのあるべき姿だろうと思います。