みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

46番目の密室

大学時代くらいに一度読んでいましたが、大体この人が犯人とかいう以外は忘れていたので、新装版を再読してみました、有栖川有栖の火村英生シリーズ最初の作品『46番目の密室』。

 

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

 

 

これに関しては新装版の表紙のほうが作品によく合ってますね。

 

昔読んだときは犯人さえ分かればいいや的な雑な読み方だったので気づきませんでしたが、いま読み返してみると本当に複線がすごいですね。

無駄なものがなく、それにもかかわらず真相は意外、そして明快という感じです。