みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

果つる底なき

オリジナルは1998年、「半沢直樹」シリーズの池井戸潤先生のデビュー作です。

主人公は銀行員で支店の中堅どころ。不審な死を遂げた同僚の謎を追う、という物語です。

文庫版のカバーデザインが秀逸だと思います。

 

果つる底なき (講談社文庫)

果つる底なき (講談社文庫)

 

 

銀行に関わる事件ということで、登場人物の人物・性格設定に「半沢直樹」シリーズの原型が現れてますね。

例えば、左遷された主人公を気遣う先輩(西口)と主人公が電話で会話するシーンがあるのですが、さりげなく内部情報を教えてくれるあたり、しかもその内部情報が決定的とまでは言い難いあたり(優れたストーリーの技法だなと思います)、「半沢直樹」の渡真利と半沢の会話そっくりですね。

なので「半沢直樹」シリーズを2作品くらい読んでからのほうが面白いかもしれません。