みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

鉄鼠の檻 再読了

前回(2016年)の記事で読むべきとか言いながらめっちゃ積んでました、京極夏彦鉄鼠の檻』。

 

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

 

 

前回記事

鉄鼠の檻 - みちのく砂丘Ⅱ

 

読んでみて、やっぱりシリーズ2作目『魍魎の匣』ほどの、終盤で一気呵成などんでん返し、というインパクトはないですね。

でも、山奥深くの禅寺の描写とかは魅力的ではある。

 

今だから何となくわかりますが、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』をかなり意識した作品だったんですね(『薔薇の名前』も最近再度売り出してますが)。

薔薇の名前』はキリスト教修道院だったのに対して『鉄鼠の檻』は仏教の禅宗寺院。本格推理というより、伝統宗教にまつわるサスペンスとして読むと面白いかも。

次は漫画版(志水アキ:作)読むかな。