みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ブシドーブレード弐 その3

どれだけ熟練しても「難」設定で「勝抜の間」20人抜きは難しいですね…。

遊ぶたびに戦う相手の順番と武器(全6種類)が変わる。

このシンプルな仕組みが案外に面白い。

スローなゲームなので、ボーっと遊ぶには最適。

 

得意武器持った相手だと勝率ガクッと落ちますが組み合わせ次第ではいける。

早い段階で強い相手と出会っておいたほうがお得感が出る…。

 

前回記事

ブシドーブレード弐 その2 - みちのく砂丘Ⅱ

 

御門+薙刀の組み合わせでは割と勝率高くクリアできるので、今試してるのは蛍火+ロングソード(名前はロングソードだけどゲーム中では最も小さい武器。大剣はブロードソードです)。

 

f:id:sakyuutarou:20190314013139j:plain

 

珍しく18人目(あと3人)まで突破できたところ。

左が蛍火(自キャラ)、右の薙刀装備が風閂(相手)。

タイトル通り「ブシドー」の戦いですが相変わらず1999年ころの瀬戸内海の島が舞台なのでバス停、向こうには小屋が見えます。

この微妙な田舎感が良い。

もしブシドーブレード参が出るならオープンワールドで遊びたいですね(無理かな)。

 

でもこの後負けました。

小さい武器は相手の隙をつく必要があるので案外難しい…。