みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

バキ

刃牙はたまに週刊少年チャンピオン立ち読みする程度ですが。

まあ安定して面白いですけどね。

でも地下闘技場を使いすぎな気がする(背景が描きやすいから?)。

 

「バキ」の最凶死刑囚編が一番面白かったかなあ。この辺だけは漫画喫茶でもたまに読み返してます。 

 

最凶死刑囚編の見どころの一つは、終盤を除き、地下闘技場での勝負じゃなくて普通の生活風景の中での勝負ってところですよね。

背広姿で戦い始めたり、オシャレなバーでお酒を楽しんでたと思ったらいきなり勝負始めたり(バーのマスターにとってはこの上なく迷惑ですが)、そういうの外連味があって好きでした。

 

死刑囚の中ではドリアン(アメリカ)が一番名場面多かった気がします。すごく卑怯なのに口が達者でおちゃめな上、真剣勝負の最中に出し抜けに歌い出す(しかも上手い)ところとか、正体不明の強さと怖さがある。

決着がつくところで、ちょっとだけ哀愁が漂うのも秀逸でしたね。