みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

環境問題はセクシーに…?

どうなんでしょうね。

アメリカの政治家も使うとかいう無理やりなフォローがされてますけど。

 

でもたぶん、日本ほど軽い意味じゃないですよね。

日本でセクシーとか言ったら(私もブログでたまに使ってますが…最近も)、まあ「お色気」程度の意味ですよね。

ゴールデンでも放送できそうな…、ってオッサンくさいたとえですが。

普通見えちゃいけないのが見えてるのがエロで、ちょっと見えそうくらいがセクシー、みたいな使い分けですね(何を言っているのか)。

 

英語のセクシーって、まあ Sexy で検索すればいいと思うんですね。

Youtubeとかで検索するとけっこうなことになる。

 

まあ、いずれにせよ問題の本質は、奇をてらった言い回しで小泉純一郎を継げるほど日本の政界は甘くないってことですね。

小泉純一郎元総理だってYKKトリオとか言って盟友と言われた加藤紘一を、「加藤の乱」の時に加わらずに冷徹に切り捨てて森総理(当時)のための切り崩し工作に動いたのが大きかったと言われてますし。あれで大きなライバルが一人いなくなったわけで。

日本の政界は、甘そうで甘くない。

イマイチな発言でしたね。