みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

書籍

第二次世界大戦 ヒトラーの戦い

児島襄(こじま・のぼる)氏が1980年前後に執筆した大著『第二次世界大戦ヒトラーの戦い』全15巻です。 今はkindle版が手に入るようです。 道理で古本屋で1巻100円で手に入ったわけだ…(昨年、1巻100円で安売りしてたので買い込んでしまった…)。 終盤のほ…

学研まんが世界の歴史 第二次世界大戦と独裁者ヒトラー

昭和末期から平成初期、このムロタニツネ象さんの描いた学研まんが歴史シリーズは本当に面白いです。 第二次世界大戦と独裁者ヒトラー (学研まんが 世界の歴史) 作者: ムロタニツネ象 出版社/メーカー: 学研 発売日: 1994/02/01 メディア: 単行本 クリック: …

金融失策 20年の真実

9月20日発売の新刊です、『金融失策 20年の真実』。 久々に東京行った時に、まあ仙台でも買えるんでしょうが東京らしく経済の本でも買うかなということで買ってみました。 内容は安定の日経クオリティです。 つまり、読み物としてめっちゃ面白いってわけじゃ…

ジークフリート伝説集

ジークフリートという名前自体は、Sa・Ga2秘宝伝説の戦士系最強の敵だったり、ペルソナの「剛毅」アルカナの最強ペルソナだったりするので見覚えのある人もいると思うんですが、実際にその伝説はあまり知らない。 ということで読んでみました、『ジークフリ…

ザ・ラストバンカー&住友銀行秘史

同じ住友銀行とイトマン事件をテーマにした2冊の本。 これは古いですが面白かった『ザ・ラストバンカー』(単行本であれば200円程度でも買えるはず)。 ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 (講談社文庫) 作者: 西川善文 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 20…

サマータイムと昭和の世相

テレビとかでもやってるネタかもしれませんが、サマータイムは昭和23年(1948年)にもあったんですね。不評で、昭和26年に廃止されたようですが。 ブック〇フで購入したこの本で知りました。 たまに100円、200円でお宝な本があるのが良いですね。 昭和の歴史…

なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則

最近出た本ですが、評判通りなかなか面白かった、日経トップリーダーの『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』。 ポイントとしては、こういう「しくじり企業」系って基本は潰れ切った会社をテーマにするんですが、現在進行形で破産手続中の会社がかなり多…

太平洋戦争(小学館 昭和の歴史)

某大手古本屋で200円くらいで買いました。 昭和の歴史〈第7巻〉太平洋戦争 (1982年) 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1982/12 メディア: ? この商品を含むブログを見る 太平洋戦争の歴史を、学習用に分かりやすく写真や図表を用いて解説している本ですが、…

破綻 バイオ企業・林原の真実

この動画の元ネタのようです。 【ゆっくり解説】しくじり企業 Chapter09 ~林原~ - YouTube ブックオフで売ってたので、買ってみました。 破綻──バイオ企業・林原の真実 作者: 林原靖 出版社/メーカー: ワック 発売日: 2013/07/24 メディア: 単行本 この商…

昭和史(1926-1945)

最近ですが新装されて、昭和天皇の漫画の絵が表紙になってますね。 本屋によく行く人なら見たことあるんじゃないだろうか。 でも僕は旧版の、この表紙のほうが落ち着いていて好きです。というわけでブックオフで購入。 昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー…

ニセ学生マニュアル

全然関係ない大学の講義に出席して授業を受ける、いわゆる「もぐり」、あるいは「ニセ学生」。 そんなニセ学生用のマニュアルで、1988年当時の各大学の面白い教授や、面白くないかもしれないけど話題の教授の講義を紹介しています。 本当にニセ学生してない…

陽明学

陽明学、ちょっと読んでみたいんですよね。 暇になったら。 陽明学入門 作者: 陽明學大系編集部 出版社/メーカー: 明徳出版社 発売日: 1990/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 卑近な言い方をすれば近世中国に生まれた自己啓発です。そんな表…

青柳「憲法」をもう一度

法科大学院の信用をガタンと落とした青柳元・教授。 そんな教授のメイン教科書『憲法』。発売の年に事件発覚となるわけですが。まだ持ってました。 憲法 作者: 青柳幸一 出版社/メーカー: 尚学社 発売日: 2015/02/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

国家の思想(戦後日本思想大系5)

戦後日本思想大系という全16巻の シリーズの第5巻、「国家の思想」。 戦後日本思想大系〈5〉国家の思想 (1969年) 作者: 吉本隆明 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1969 メディア: ? この商品を含むブログを見る これは書下ろしではなくて、当時いろいろ…

近代立憲主義と現代国家

図書館で借りてきました、『近代立憲主義と現代国家』。 樋口陽一先生の1970年代の書籍の復刻です。 フランス共和制下の憲法論争をもとに、現代日本の憲法論にも参考になる話が展開されています。 まあ専門じゃないのであまり難しいことはわからなかったんで…

憲法(芦部信喜)

新年の計は元旦にありということで、この本。 法学部にいた人ならきっと誰もが一度は読んだ(読まされた?)はずの、憲法の圧倒的スタンダードテキスト。 憲法 第六版 作者: 芦部信喜,高橋和之 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/03/06 メディア: 単行…

軍神

軍神と言っても関羽のことではなく、日露戦争の英雄とか、乃木大将とか、あるいは爆弾三勇士とかのことです。 軍神―近代日本が生んだ「英雄」たちの軌跡 (中公新書) 作者: 山室建徳 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2007/07 メディア: 新書 購入: 1人…

竹の木戸

国木田独歩の短編小説です。 竹の木戸 作者: 国木田独歩 発売日: 2012/09/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 国木田独歩と言えば、東京郊外の美しい農村風景を描いた『武蔵野』が最も有名だし、まあ入試の文学史対策ならばそこだけ覚えとけ…

組織は合理的に失敗する

『失敗の本質』に似てる気がするけど、まあそこそこ面白い本でした。 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫) 作者: 菊澤研宗 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2009/09/02 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 14回 この商品を含むブログ …

尊厳と身分

蟻川恒正教授の単行本、『尊厳と身分』。 昨年発売されてたんですね。 ちなみに1994年の伝説的名作『憲法的思惟』も復刻されて二冊セットで8000円くらいで購入可能です。 90年代の東北大OBなら当然買いですね(?)。 尊厳と身分――憲法的思惟と「日本」とい…

回想のブライズヘッド その2

再読中です。 回想のブライズヘッド〈上〉 (岩波文庫) 作者: イーヴリンウォー,Evelyn Waugh,小野寺健 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2009/01/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 13回 この商品を含むブログ (25件) を見る セリフがいちいちけっこ…

憲法(第三版)

ブックオフで1000円で売ってたので買ってみました。 しかしAmazon相場は150円だった。 orz 工夫すれば&急がなければヤマト運輸か、ゆうメールで届くのが分かって以来、Amazon利用再開してますけどね。 憲法 (現代法律学講座 5) 作者: 佐藤幸治 出版社/メー…

若い芸術家の肖像

ジョイスの『若い芸術家の肖像』を数年ぶりに少しずつ読んでます。 若い藝術家の肖像 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 作者: ジェイムズジョイス,James Augustine Aloysius Joyce,丸谷才一 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/07/18 メディア: 文庫 この…

検証 バブル失政

もう一冊読んでみました、バブル史の本。 検証 バブル失政――エリートたちはなぜ誤ったのか 作者: 軽部謙介 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2015/09/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る ちょっと前に読んだ『バブル 日本迷走の原点』…

バブル 日本迷走の原点

バブル経済崩壊を中心に昭和末期から平成初期を検証した検証本が流行ってるように思いますが、これはけっこう面白かった。 永野健二『バブル 日本迷走の原点』。 バブル:日本迷走の原点 作者: 永野健二 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/11/18 メディア…

警察手帳

ミステリ作家、古野まほろ(もと警察官僚)の『警察手帳』。 警察手帳 (新潮新書) 作者: 古野まほろ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/03/16 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る テレビドラマの警察と実際の警察機構の違いを、若干「天…

逆光

一回挫折して、今日もう一回読んでみました、トマス・ピンチョンの『逆光』。 しかしやっぱり難解だった。 逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説) 作者: トマスピンチョン,Thomas Pynchon,木原善彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/09 メディア: 単行…

正気の社会

古書ですが安かった(1000円以下)。 よくわからないなりに読んでみました。 正気の社会 (1958年) (社会思想選書) 作者: エーリッヒ・フロム,加藤正明,佐瀬隆夫 出版社/メーカー: 社会思想研究会出版部 発売日: 1958 メディア: ? この商品を含むブログを見る…

アドラー心理学入門

何かちょっと前から「嫌われる勇気」が流行ってるようですけど。 実は全然読んでないです。 代わりにちょっと古いこれを読んだ。 アドラー心理学入門 作者: ヘルタ・オーグラー,西川好夫 出版社/メーカー: 清水弘文堂書房 発売日: 1977/01 メディア: 単行本 …

日本会議の研究&国民の修身

以前に裁判になって話題になってたので、買って読んでみました『日本会議の研究』。 日本会議の研究 (扶桑社新書) 作者: 菅野完 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2016/04/30 メディア: 新書 この商品を含むブログ (42件) を見る なかなか面白かった。 黒塗…