みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ファイナルファンタジーⅠ その2

自分もドラクエⅪはまだ完全クリアはしてないんですけどねー…。

ちょっと止まってますね。

最近はバーチャルコンソールでこれをまた遊んでます。

 

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジー

 

 

前回記事

ファイナルファンタジーⅠ - みちのく砂丘Ⅱ

 

まだロゴがカタカナだったころですね。

このゲーム、最初にパーティの構成を決めるのですが、前回記事を見ていただければお分かりの通り、1回目は、戦士・モンク・赤魔術士・白魔術士でクリアしました。

攻撃と回復のバランス的には一番良かったと思いますね。

 

それで、今回パーティ構成を少し変えることにしました。

戦士・モンク・シーフ・黒魔術士。

 

まあ、癒し要素ゼロ。というのは比喩ではなく、回復魔法を使えるメンバーが一人もいないという構成ですね。

でもFC版のMPは白魔道士でも貧弱極まりないし、ドラクエの僧侶みたいにはいかないし。むしろ無限に使える魔法効果アイテムを駆使して、叩かれる前に叩く的な対処が正解のゲーム。

後半で「癒しの杖」(全員を小回復)やライトアクス(アンデッドに特効)までの辛抱で、それが手に入ればそこそこ行けるんじゃないだろうか、と勝手に期待してます。

 

必ずしもどんな組み合わせでもクリアさせることを前提としていない、というところがスリリングというか、この時代のゲームならではの面白さだなと思います。