みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

法政大学マウント動画について

ネットで最近話題になっていた、塾講師YouTuberが法政大入学式の会場前で「第一志望でないよね」と聞いて回る動画。

法政大学が第一志望の奴はいない、という、要は学歴マウントですね。

 

まあ、塾講師としては、というか教育者としてはやっちゃいけないことでしょうね。

炎上は当然。

 

ちょうどブックオフの某店で法政大学の赤本(過去問題集)見かけたので手にとってみたところ、傍線・下線とマーク式の◯とその問題に正解したかどうかとかの書き込みだらけでした。

「いや、こんな書き込みだらけの赤本、中古でも売ったらダメでしょ(笑)」とは思いましたが、でも、前の持ち主が相当頑張って取り組んだんだろうなということは伝わってきましたね。

法政大学が第一志望なのか力試しなのか、また結局受かったのか否かも判りませんが、まあ何にせよ大事なのはその努力。

 

これだけ頑張って取り組んでた時の気持ちのままでいろいろ取り組み続けることができているんであれば、それが一番ですね。

 

学歴高いに超したことはないですが、高ければ何でもいいというものではないし、それ以上に大事なことなんて幾らでも、とは思いました。