みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

甲子園4 その2

たまに遊んでます。スーパーファミコンの『甲子園4』。

スーパーファミコンとしては4が最後の作品ですね(V以降はプレイステーション)。

 

前回記事

甲子園4 - みちのく砂丘Ⅱ

 

県大会の決勝まで行ったけど負けた…。

何か攻略サイト(?)見ると、敵チームは段々強くなっていくようです。

道理で、配球パターンは変えてないのにやたら打たれるようになったな、と思いました。

申し訳程度の育成要素もあるようで、練習試合をすれば少しは強くなるようですが、一試合あたりが長いのと、そもそも試合の難度が結構高いのでやる気にならない…。

 

難度が高いというか、敵ピッチャーによるところが大きいです。

敵ピッチャーがサイドスローアンダースローなら何とかバットに当てることはできる。でもオーバースローの速球派だった場合は手も足も出ません。速球派は本当に速いです。星稜の奥川君か大船渡の佐々木君レベル。地方大会に普通にいていいレベルではない。

敵チームのピッチャーもランダムなので、速球派が出てこないことを祈るしかなく、速球派が来たらリセットしたほうが良いくらいです。

 

ちなみに、非常に接戦だった県大会のスコア。

自チームは「梨山」高校です(すべての高校名が逆さまです)。特に縁もゆかりもないですが。

 

 

準々決勝。乱打戦でした。

f:id:sakyuutarou:20190823020112j:plain

 

 

準決勝。ヒット数は敵のほうが多いですが、何とか勝った。

f:id:sakyuutarou:20190823020217j:plain

 

 

そして監督のメタな一言。

f:id:sakyuutarou:20190823020427j:plain

 

監督はこの大阪弁タイプの他に熱血タイプ、長老タイプなどあるようです。選べませんが、とりあえず普通の人はいない。

まあ、この辺の適当さや、地方大会で四苦八苦するリアルさはいいかもしれません。