みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

鬼滅の刃(1巻・2巻)

あまり流行り物には飛びつかない…と斜に構えていたのですが、ここまでブームになってると「読んでみようかな」という気分になりますね。

 

というわけで、まずは1巻・2巻を読んでみました、『鬼滅の刃』。

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

今年ブームになりましたけど、実は結構前から連載してたんですね。

 

2巻まで読んでみて、たしかに評判通り、面白いです。

バトルもの漫画ではありますが、バトルのためのバトルではなく、ストーリーがしっかりしてるなあ、と思いつつ読んでます(偉そう)。

 

『鋼の錬金術師』的な要素(弟か妹がストーリーの根幹にかかわる理由で人間以外の存在になる、敵の重要人物に人間のフリをしている者がいる)をベースに、『アイアムアヒーロー』的な要素(咬まれることで感染する災厄、けっこうエグイ表現)がちょっと混ざってる感じかな。

 

レトロゲーマーとしては、鬼の力を封印している少女というと1992年にPCエンジンで発売された某有名RPGのヒロインを思い出したりもします。