みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙

「ヘラクレスの栄光」シリーズの最高傑作と言われる「ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙」。

最近、Switchで2000年代の携帯アプリ版が(G-MODEアーカイブスとして)復刻されたみたいですね(500円でダウンロード可能)。

この名作が多くの人の手に届くのは、とても良いことだと思います。

 

しかし、私は、あえて、スーパーファミコン版をお薦めします。

WiiUのバーチャルコンソールか、あるいは実機で遊べます。

無論ネタバレ禁止で(なので関連動画は見ないほうがいいのです)。

 

理由としては、G-MODE版とはグラフィックの質感が全然違います。

携帯向けらしくスッキリして今風なG-MODE版も悪くはないですが、スーパーファミコン版には、ゲーム業界が輝いていた時代(1992年)だからこその、温かみのある質感が備わっています。

 

ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙

(Wii U バーチャルコンソール公式動画)


ヘラクレスの栄光Ⅲ 神々の沈黙 プレイ映像

 

スーパーファミコン版のゲームバランスは1992年当時らしく少々しんどい(敵も味方も堅いので戦闘が長期化しがち)ですが、実は有名な「道具ゲー」で、道具がめちゃくちゃ役立つゲームですので、ザコ戦は「銅の指輪」や「三又の矛」、ボス戦は「銀の指輪」「アルテミスの弓」で、だいたい何とかなります。

中盤までは何かほわほわと曖昧で、長いストーリーだなあと思うはずです。

それも含めて終盤で一気に伏線回収が始まるのが素晴らしいのです。

まだ遊んだことない方にはぜひネタバレ無しで遊んでいただきたいゲームです。