みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

中禅寺先生物怪講義録

京極夏彦氏原作、京極堂(中禅寺)シリーズの漫画版です。

作者は安定の志水アキ氏ですが、この漫画の特徴は、小説の漫画バージョンではなくて、漫画のためのオリジナルストーリーだということ。

戦後の学校を舞台に、放課後の怪談など物怪の謎を教師時代の中禅寺が解く、という物語です。

 

 

元々の京極堂シリーズは結構陰惨な事件も多いのですが、この漫画では(今のところ)あまり人が死にません。そんな陰惨な感じではない。

むしろ「幽霊の正体見たり枯れ尾花」じゃないけど、謎を解いたらほのぼの系の展開というのも多い。

重厚な小説でこのオチだとつまらないかもしれないけど、ちょっとギャグ込みの漫画だからこういう軽めなネタが活きるのかなと思います。

京極堂シリーズの新境地、ですね。