みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者

2008年のクレヨンしんちゃん映画『クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者』。

クレヨンしんちゃん映画シリーズの中でも最もつまらないと言われる駄作扱いの作品ですが、果たしてどのくらいひどいのかということでAbemaで視聴してみました。 

 

 

…まあたしかに。

 

何でしょう。個々的に見れば面白い要素もあるんですけど、一貫性がなくて、伏線っぽい社会のマナーとか年金問題みたいな話と、メインのヘンダーランド的な話とがどう結びつくのかさっぱり理解できない(説明すらされない)ままに野原一家が活躍して敵が倒れるので、結局何がやりたかったのかが全然わからないんですね。

 

序盤のミュージカル的な敵の登場はなかなか良かったけど、延々と続く野原家の日常パートはメリハリがなくて子どもさん達にもさぞかし不評だったんだろうなあ…。

個人的には特に序盤は阿部公房の不条理小説読んでるみたいでちょっと面白かったですけど、まあ、お薦めできる作品では全然ないですね。

(無料で見ておいてエラソーに論評するのも気が引けますが)