みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

寝台特急(ブルートレイン)殺人事件

寒い夜に暖かい部屋で推理小説を読むのも乙なものです。

最近 Kindle でポイント還元キャンペーンやってて、旧作の推理小説がお安く手に入るので読んでみました、1978年の西村京太郎鉄道ミステリー第1作、『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』。

 

 

西村京太郎の小説は実は今まで読んだことはありませんでした。

監修のゲームは遊びましたし、TVドラマも昔に見たことありましたけど。

せっかくだからこの機会に読んでみようという感じでした。

 

なかなか面白かったです。

時刻表で地味にアリバイを崩すのかな?と思っていたらそれだけでもなくて、後半は、だいぶ派手な展開になります。これが当時ウケたのはなるほどと思う。

鉄道ミステリー第1作にして既にテレビ映えしそうな雰囲気がありますね。

 

面白いというか懐かしい雰囲気もある。

冒頭のシーンで出てくる「8ミリ撮影機」とか、今の若い世代はたぶん分からないですよね。「そうそう、あんな重いものでも、よく持ち歩いてたよなあ(笑)」と思ったり。

 

昭和レトロな雰囲気が好きな人にはお薦めです。