みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

K氏の件

皇族の方とK氏の件ですが…。

僕は一周回って「いいんじゃね?」的な感じになってますけどね。

むしろ報道とかし過ぎだし、マスコミが報道しなければそれで済む話だと思ってます。

このまま行くと結婚してもマスコミがダメにすると思います。

 

皇族だって人間だし、仮に結婚して失敗したと思えば離婚すればいいし。

それが今の時代の自然な人間のありようだと思います。

ここまでK氏の件が取りざたされた以上、次の候補者も出づらいでしょうし。

 

神道以外の人間から見ると、天皇は、神道という宗教の言わば御教主様なんですよね。

そして普通、宗教の御教主様のプライベートって言うのは、そんなに明らかにはされない。

まして御教主様の御家族や御親戚のプライベートなんて、そりゃ実際には結婚も離婚も、家に帰れば、だらけたりとか、夫婦で口論とか、子どもをきつく叱ったり、とかあるだろうけど、まあその辺は全部信徒には明かされないし信徒だって知る必要もない。

これはそこら辺にある新興宗教でもそうなんじゃないかなと。

御教主様はカリスマであって、そのプライベートや下半身事情、ましてその御家族が誰と結婚しようがどんな趣味嗜好や性癖があろうが、その信徒がそれを下衆の勘繰りするものではない。

 

だったら天皇制を信奉してやまない人たちも、同じように、天皇家の結婚だのK氏の事情だのにあまり首突っ込まなくてもいいしK氏について騒ぎ立てなくてもいいと思うんですよ。

何かマスコミが煽るせいで、「あの人は良くないよ」っていう一億総「親戚のおじさんおばさん」状態になってる気もするのです。

 

そう言うと「皇室は税金で運営されてるんだから!」って言われるかもしれないけど、だったら宮内庁も皇室制度もなくせばいいと思うんですよね。

金払ってるからって人ひとりの結婚にあれやこれや口出しする権利を得るなんてことはない。

もし、税金で運営されているものが国民の公益のためにならない(天皇または天皇家が統合の象徴にならない)というなら、皇室制度を廃止する方向で動けばいいのにと思います。

それで、天皇家には神道の御教主一家ということで収まっていただいて、後は普通の宗教の御教主一家と同じように、信徒に邪魔されない平和な日常を送ってもらえればそれでいいのではと思いますね。

 

天皇って言うのは明らかに戦前から続く神道の宗教的存在であるところ、政教分離原則の観点から見てどうなのよ、という部分は他の宗教とか、チャキチャキの無宗教者(マルクス主義の人とかですね)から見たらあるはずなんですけど、まあ国民統合の象徴ってことで相当薄められてるからいいんじゃないですかね、ってくらいなんですよね。

大体は聞こえてくるニュースもほほえましいものが多いですし、ファンも多いですし。

でもそうじゃないことを報じたてるくらいなら制度自体に疑問を持てばいいと思うんですけど、まあそのあたりマスコミはずるいですよね。報じるだけ報じて皇室を視聴率稼ぎのオモチャにしてるだけで、天皇制批判してる人たちよりもかえって無礼なんじゃないのとは思います。