みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

冬のフロスト

全6作のフロスト警部シリーズ、第5作『冬のフロスト』読みました。

相も変わらず3つか4つの事件が絡み合う中でドタバタ推理劇が展開されます。

第1作のネタバレっぽいフレーズも出てきますので、第1作から第4作を読んでいることが必須ですね。

ちょっとだけネタバレありの感想。

 

 

冬のフロスト 上 (創元推理文庫)

冬のフロスト 上 (創元推理文庫)

 

 

今作はちょっとイマイチだったかなあ。

レビュー風に言えば星4つ(5つが満点)くらい。

普通に面白いんですけど、メインとなる事件の決着のつき方がちょっとスッキリしないのと、伏線も今までより乏しいので唐突感はあります。

あと、枕カヴァーだけを盗んでいく泥棒の件もオチのインパクトが弱いので、ちょっとなあという感じではありました。

 

ここ1年くらいかけてシリーズを読んできましたけど、次が最終作の『フロスト始末』です。

冬が似合うシリーズなので冬のうちに読みきりたい。