みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

K氏の件 その2

騒動に関する文書が出たことがニュースになってました。

 

まあ、長い文章を出したこと自体を批判する向きもあるようですけど、個人的にはそれは有りだと思うんですよね。

黙ってても伝わる、みたいなのは今の時代ではなかなか通用しないし、メーガン妃みたいにいきなりインタビューとかで言うより、まずは文書できちんと説明っていうのは良いと思うし。

 

ただ、読んでみて気になるのは「なぜ君が説明する?」っていうことですね。

大半が母親の因果なのだから説明するなら母親が説明すべきことだと思いました。

子であるK氏には関係ないわけで。

 

K氏の親がそうだとは言いませんが、「仮に親がトラブルを抱えたダメ親・毒親なら、幸せな人生を歩んじゃいけないんですか!」って、シンプルにそっちのほうがいいような気はするんですけどね。

皇族の方々も「納得」とかいうけど、納得させるのはK氏の仕事じゃないような気はするんですよ。

あとM子様は余計なコメント出さなくていいと思うんですよね。知らぬふりが一番。

 

家柄良くても実はだめんず、ってことだって有りうるわけですが、今回の文章を見る限り、若さゆえの理屈っぽさや青臭さはある気はするけど、一応まともな文章が書ける人のようだし、いいんじゃない?と思いました。

なんか報道の仕方見てると、よくもマスコミは「いじめダメ絶対」とか言えるよなあと思いますけどね。