みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

「ゆたぽん」について

ちょっと遅れた話題ですが、賛否両論の少年革命家(不登校Youtuber)こと「ゆたぽん」の動画はちょっとだけ見たけど低評価が大多数でしたね。

まあ、それはそうだろうなと。

 

無理に学校行く必要ないけどー…。

まあでも転校とかもあるし通信制とかもあるし。何らかの意味で学校に行ったほうが良いとは思いますね。

自分から学校に行くって選択肢を絶つ必要はないと思う。

 

今は親の言うことをよく聞いてるでしょうけど、もうちょっと大きくなると反抗期が来るはずなんですよね。

家庭にいて親の庇護下にいることが嫌で仕方なくなって、親の勢力圏外に逃れたい(自立したい)、と思うことが増えるはずなんですよ。

学校は、そりゃイヤなこともあるので無理に行く必要ないのはそうですが、逆に家にいてもイヤと感じることが増えてこないとは限らない…。「ゆたぽん」もいずれは、学校に行って友達と遊ぶとかのほうがなんぼか気楽だぜ、という時期がきっと来るんじゃないかなあと。

それは言わば個人としての巣立ち(親離れ)の準備なので。

 

いったん離れて自立すればまた実家の良さも見えてくるんですけどね。

ずっと家べったり、親の言うことべったりはかなり厳しいんじゃないかなと、いずれ破綻が来るんじゃないかなと思います。なので、今ゆたぽんを無責任に持ち上げてる有名人とかは、彼の将来に責任取るつもりがないならあんまり話題性だけで持ち上げるべきじゃないとは思いますね。