みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

コロナウイルス禍 その57(発想の最低の転換)

ウガンダの選手団、人数少ないのにコロナ陽性者がいたってことは、確率的に見れば他の選手団や、選手以外のスタッフにも絶対に陽性者がいる気がする…。

 

ワクチンも副反応への不安から十分には広がっていませんし、安心安全なオリンピックなんてもう無理なのになぜに強行開催?と思ったのですが…。

 

誰かの思考

「もう、オリンピック前に国民の防疫体制を(ワクチン含め)万全にするのは諦めた」

     ↓

「発想を転換しよう。防疫体制がザル、自粛もほぼ解除の状況にしておけばオリンピック前に国内感染者数が増えてくるはず」

     ↓

「その状況でオリンピック開催して、感染者数が激増しても、もともと増えてた感染者数との区別がつかなくなる」

     ↓

「『オリンピックの防疫は完璧。感染が増えたのは感染防止しなかった国民が悪い』って言い訳できる」

     ↓

「そうすれば責任回避できる」

 

 

こんな感じでしょうね。

だからもう今の段階では自粛ムードを高めて感染を止めようって気はないんですよ。

むしろ今の段階で感染防止に気を遣ったりしたら、オリンピックによる感染増加が目立っちゃうから困るわけです。

どんな状況でも飲み会とかをやめられないし感染防止にも気を遣えない国民が一定数いるわけで、そいつらに責任を押し付けることを考えたんだろうと思います。

 

国民の命を何とも思ってなければできない発想の転換、があったんだろうな、と。