みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

御意見無用Ⅱ

1995年~1999年くらいにかけて特に、セガの大ヒット3D格闘ゲーム『バーチャファイター』をパk…リスペクトしたゲームが沢山発売されました。

プレイステーション陣営の代表作はナムコの『鉄拳』ですが、この1998年の『御意見無用Ⅱ』も、一部で密かに有名なゲームです。

プレイステーション3のゲームアーカイブスで遊べます。

 

『バーチャファイター』の名人(鉄人)だった、ファミ通編集者たち(ブンブン丸、池袋サラ、柏ジェフリー、新宿ジャッキー…ブンブン丸以外は、活躍していたゲーセンの所在地+使用キャラ名)が監修していること、ヤンキー漫画『カメレオン』の作者である加瀬あつし氏がキャラデザインなのが特徴です。

 

類似ゲームと比べた大きな差としては、『小技ではとどめをさせない」ことです。

体重乗せたストレートとか飛び蹴りとか投げ技とか、ある程度の威力ある技じゃないとラウンドは奪えないんですね。

これがけっこうキャラのバランスに影響を与えてる気はする。

 

格ゲー(懐かしい響き)初心者的には、この AYA と KEI が二強かなと。

 

f:id:sakyuutarou:20211227223850j:plain

 

どちらも PPPK とか PPPKK (Pはパンチ 、Kはキック)みたいな簡単な操作でかなり強力な連続攻撃ができます。連続攻撃の最後の技が自動的にとどめになるので、きわめて使いやすいです。

逆に、一見すると初心者向けっぽい女子高生キャラ(コギャル)がけっこう玄人向けだったりします。さすがヤンキー漫画作者がデザインしただけあって不良っぽいキャラが多いので、コギャルと言えども癒しではあるのですが。

 

オンライン対戦とかなかったころ(対戦したいならゲーセンへ)の時代なので対戦はできませんが、身近にプレイヤーがいたら(多分いない)、対戦してみたいところです。