みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

首無の如き祟るもの

刀城言耶シリーズ第3作、『首無の如き祟るもの』

シリーズ最高傑作と評されている作品です。

10年ぶりくらいに再読してみました。

 

 

改めて読んでみて、多数の謎をほぼ後付けなしで一気に解決するのがすごい。

動機だけがちょっと納得いかないって程度ですね。

序盤から伏線が多数張られていることと、ホラーミステリーとしての雰囲気が一級品であること、謎の解き方が綺麗で論理的なことが最高傑作たる所以だと思います。