みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

食べ物のゆくえ(学習まんが 人間のからだシリーズ1)

おそらく昭和末期の小学生だったくらいの年代にはクリティカルヒットするシリーズじゃないかなと思います。1985年、つまり昭和60年に小学館から発売された学習まんがです。

まさかの電子書籍化、最近知りました。

当時けっこう人気だった気がするんですよね。漫画として普通に面白かったので。

 

 

学校の課題で地球人のことを勉強にしに来た宇宙人ピポパ(技術力は地球人よりもはるかに高いけど、地球人のことに関しては全くの無知)が、神田博士、チョンボ8世(お手伝いロボット)、ロップ、ボテボテ、アヤちゃん、サッチンと一緒に人間のことを勉強していくという漫画です。

この漫画のアイディアがすごいのは、授業風にやるんじゃなくて宇宙人ピポパの技術で人体の中を実際に冒険することですね。大洞窟のような胃の絵とか、未だに覚えてました。

もう一生読むこともないかなあと思ってただけに、こういったかたちで復刻されるのは非常に嬉しいです。