みちのく砂丘Ⅱ

仕事と関係ないことについて書きます。

A Fascinating Story

中国か台湾か分かりませんが、現代中華ギャルゲーのようです、『A fascinating Story』。

R-18版も選べますが、R-18要素なしも選べる。

Steamには(年齢制限外せば特に)、同種のゲームがたくさん並んでいるんですが、あまり遊ぶ気にならない。カッコつけているわけではなくて、なんか、絵柄がヌルテカしていて(海外の人にはそっちのほうがウケるのか)、日本の同種ゲームとは違い過ぎるからですね。

 

そんな中でこのゲームを購入してしまったのは、この背景の絵柄。

 

 

私の大好きな『センチメンタルグラフティ』と同じ背景技術。実写をぼかしてます。

まさか、かつてのスタッフがあちらに渡航したわけではないはずですが、あのセングラが25年の時を越えて中国に復活したかのような気がして、ちょっと面白そうなので購入してみました。

ちなみに日本語字幕も用意されてますが、自動翻訳っぽい不自然さがあるので、ある程度の異国情緒を出すために、音声は中国語、字幕は英語で開始してみました。他の英語ゲームと同じく辞書を見ながらなんとか解読。

 

Pixiang City は、この2年間でとても速く発展して、今年は第一級の都市の仲間入りを果たしたようです。

 

 

このゲームの主人公(プレイヤーの分身)。

「…ぼくはもう30歳になろうって年だし、しかもこんな惨めな状況だ…。航空券を一枚買うことにすらお金を借りることを考えなきゃいけない」

ひどいスタート。航空券すら買えないから、わざわざ長時間かけて鉄道で来たわけですね。

これもまた、日本のギャルゲーと全然違ってて面白いなと思います。

日本のこういうゲームだと、基本的に主人公は(話を作りやすくするために貧乏設定にしてあるとしても)、学生とか将来性のある身分で、見た目も若々しくて、何かクールでカッコ良かったり、何かしら取り柄があったり、実は名家の跡継ぎだったりするものですが、これもまた日中の感覚の差なのかもしれない。

 

 

急に悪い顔になる。

「ぼくは事前に彼女と連絡を取ることもなく今回いきなり(この街に)来てしまった。でも、そもそもぼくは彼女に相当なお金をつぎ込んでいたんだ。だから、数日間彼女のところに泊めてもらうことくらい大きな問題にはならないよね…。まあ、なぜだか、ちょっと、不確実な気もするけど」

清々しいくらい最低な発想法、良いと思います。

 

ここからいよいよギャルゲー要素が始まるわけですが、どうなることやら。

 

20年前のとあるレトロギャルゲー

パソコンで発売され、2003年にPS2でも発売されたとあるレトロギャルゲー。

 

なんか今レトロゲーム全体が無駄に高騰しててPS2版が5000円くらいするので、そこまで払ってまで…という思いがあるのと、もう一つ、ホコリをかぶったPS2を引っ張り出すのが面倒なので、ということで、パソコン版をセールでダウンロードしてみました。

 

しかし。

 

問題はメッセージ欄。なんか表示されてますが読めません。

 

古いゲームゆえか今のパソコンの言語コードに対応していないらしく、常時文字化け状態。

普通は修正パッチとか配信されてるのですが、現在は開発元が倒産しておりそれもありません。

値段が安かった理由ですね。

 

キャラクターボイスは聞こえるので、何を話題にしているかは何となくわかるのですが、主人公のセリフ、モノローグ(こういうゲームはえてしてモノローグがナレーション替わりなので文章量が多いのです)、そして選択肢が読めないので、何が何だか。

文字が読めないだけでも事物の把握率は相当低くなるということ、日ごろ当たり前のように思っていた文字という文化の貴重さが良く分かりました。

 

文字が読めないままでも適当に進めてみて、本当に意味が分からない場面はネットに他の方がアップしている動画等で把握するということにしました。

マイナーゲームゆえYoutube に動画も少ないのですが、音楽やグラフィックの雰囲気は良いので、数少ない動画を頼りにストーリーを最低限把握しつつ元を取りたい。

 

You're Not Ready

この The Motion Epic というバンドも The Midnight のようなレトロ志向のバンドですね。

 

The Motion Epic ‐ You're Not Ready

 


www.youtube.com

 

権利的にはアレでしょうけど、映画、面白そう。

詳細欄に寄れば1982年の映画だそうです。

ちょっとお色気含みの映画のようですね。

 

権利的な問題ゼロの公式版(動画無し)も貼っておきます。

 

The Motion Epic ‐ You're Not Ready

(公式動画)

www.youtube.com

 

ウルトラストリートファイターⅣ

Steamでセールしてたので買ってみました、『ウルトラストリートファイターⅣ』。

今の最新作はⅥなので2つ前の作品。よって安かった。

 

動くかな?と心配でしたが無事動作しました。

 

ストリートファイターは、大ブームのⅡは沢山遊びましたが、Ⅲはなんかマニアックな感じだったのでほとんどやっておらず、Ⅳも昔ちょっとやった程度。

とりあえず難易度EASYに下げて、どのキャラが動かしやすいのかをいろいろ試していますが、コマンド入力が簡単で初心者でも割と遊びやすいのは良いです。

登場キャラクターも、Ⅱ、ZERO,、Ⅲからほぼ総出演+Ⅳからの新キャラもいるので多様な戦い方が楽しめます。

 

 

とりあえず、今のところコーディが一番使いやすい。

コーディはストリートファイターZEROⅢから参戦(もともとは『ファイナルファイト』主人公)です。

簡単に出るアッパーカットの技が非常に使いやすい気がする。1回だけEASYレベルをクリアしました。

 

国際研究卓越大学って

国際研究卓越大学って要は国立大の統廃合を進めたいようにしか見えないのが何とも。

国として学術研究を推進していきますよって姿勢だけアピールしてるようで、でもあなた方(政府)派手に教育予算削ってますよねって話で。

地元メディアは礼賛一色だけど、それでいいのかな、単純すぎないかなとも思う。

 

国立大の予算削る前にまず〇計学園とか怪しいところ全部潰したらいいのに。

あと、このマイナーなブログでも見てる方に関係者の方いたら申し訳ないんですけど、私は近〇大はイマイチ…なんか世耕氏の権力なのか知らないけどゴリ押し激しくて、近〇大が悪いというより、一時期やたら持ち上げられてた感じがして、ああいうのは嫌いですね。

「国」に推される大学ってあんまりロクなもんじゃなくて、国とズブズブでない大学を目指してほしいですね。

その意味では、母校(私は文系学部だけど)が国際研究卓越大学に認定されたのは、良いような、なんだか不自然というか良くないような気分です。

東北大独り勝ちみたいのはダメで、国公立大学全体が活性化すべきってことで。