みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

東京五輪2020開会式

何だかんだで途中から見ましたよ。

寸劇とスピーチ(開会御挨拶以外)は飛ばしましたけど。

 

外国の選手団、スマホしてたりでルールには違反してたのかもしれませんけど、あのくらい明るい雰囲気で入ってきてくれないと開会式が開会式として成立しないレベルだったと思うんで(冒頭のダンスも歌舞伎&ピアノのところも特にピアノが意味不明だったし、長嶋さんは無理に出すべきじゃなかったと思う…)、逆に救われてましたね。

 

入場曲にゲーム音楽は、ゲームを知ってる人なら楽しめるけど(それでも知らない曲も多かったですが)、そうじゃない人だとどうだったんだろう。

ロマサガの曲とFFの曲、あとクロノトリガーの曲はしっかり合ってましたけどね。

(ロマサガ聴いた時はなぜか「金、金、金!」のセリフが頭をよぎりました)

どれも、原作を知らなくても入場曲っぽく響くので。

 

任天堂の曲が全然なかったのは何か事情あるのかも。

ただ「ニーア」の「イニシエノウタ」だけは違うだろー、と思いながら見てましたけどね。何か哀し気な歌なのであそこで流すべきじゃない。そもそも大人向けのゲームで、いまいちマイナーですし。

 

「ニーア」流すくらいなら、このゲーム音楽をチョイスすべきだったと思うのは以下。

レトロオタクゲーマーっぽい、かつベタなチョイスになってしまってますが、どれも(知らなくても)入場行進曲っぽく聴こえるはず。

 

ゼルダの伝説 メインテーマ

MOTHER 「ポリアンナ」(フィールドのテーマ)

聖剣伝説3 「Meridian Child」(メインテーマ)

ドラゴンクエストⅥ 「木漏れ日の中で」(街のテーマ)

ファイナルファンタジーⅦ 「空駆けるハイウインド」(飛空艇のテーマ)

 

勇ましい中でドラクエⅥだけは少しかわいい系の曲ですけど、アクセントとしては「ニーア」よりは良いはず(個人的感想)。

 

まあ、各国の入場行進だけは楽しめました。

日本の功績じゃないですけどね。

 

Juban District(十番街)

タイトル下に表示されているカテゴリ(フォルダ)名「洋楽」の文字をクリックすると「洋楽」ジャンルの過去記事が検索できます。このブログの他の「J‐POP」「ゲーム」等のカテゴリも、全て同様です。

 

 

Ginger Root は、カリフォルニア州ハンティントンビーチ出身のバンド(というかプロジェクト)だそうです。

2021年7月22日配信の新曲。

一見 J-POP バンドに見えますが、分類としては洋楽になるかなと。

 

Ginger Root ‐ Juban District

(公式動画)


www.youtube.com

 

80年代くらいの日本に憧れてるのか、そういう感じのMVが多いですね。

Youtube にも(権利的にはアレですが)たまに古い二時間ドラマとか流れてるから、それ見て憧れてるのかなと思いますが。

 

 

冷めた五輪

全然盛り上がってないですね…。

 

開会式前日に演出総監督辞任ってのもグダグダすぎますが。

問題のラーメンズのコントの動画も見ましたけど、ネタとしては、不謹慎だということを前提に不謹慎さを笑いにしているネタなので、そんなに毒を感じる内容ではなかった。演じられた時代(差別的なギャグが普通にあった)を考えても、それ自体で何か問題にされるほどではない。

でもまあ、総監督という立場がまずかったですね。

進んでやりたい人がいなかったのかもしれませんが、若くして大抜擢されちゃったのが仇になりましたね。分相応にいちスタッフとして名を連ねておけば良かったのに。

 

ちなみに仙台も、割と冷めてます。

有観客なのでごった返すかな?と思いきや、そんなことはなく。

人は少し増えたけど、けっこうお店閉まってる感じです。

 

酒類提供時間は規制されているので、夜まで飲んで騒ぐということは今のところできません。

旅行者にお酒を期待して店に押し寄せられるとかえって「えー、お酒ダメなの」ということに必ずなるので、それを回避するためでしょうね。

あと、感染対策の関係で旅行者に来てほしくない、ということもあるのかなと。

結果として歓迎ムードとか祝祭ムードはほぼないです。

もはや何のために東北で宮城だけ有観客にしたのかわからないレベル。

 

ちょっと早いですが、この五輪に収穫があるとすれば、高度経済成長期の夢を完全に覚ましたことですかね。コロナ関係なくひどい部分が多すぎる、というかコロナだったからこそ明らかになったのかもしれませんが。

政府なんて基本アテにならない(国民がしっかりしないと)ということを、改めて実感できたのはいいことかもしれません。

 

呪術廻戦

今は諸事情で連載止まってるみたいですけど、1巻だけ読んでみました。

 

1巻だけ読んでみた感想としてはー…、「あれ、もう東京行っちゃうの?」的な感じですね。

いきなり普通のバトル漫画の修行編みたいになっちゃうので。

仙台で普通の高校生活しながら呪いを倒すみたいなパートをもうちょっとやっても良かったんじゃないか…(後でちょこっと八木山橋風の場所が出てくるようですけど)とは思いますね。せっかく現実が舞台なら、もうちょいローカル色出してほしかったなあと。

 

 

あとは敵が今のところ人間型じゃないので、個性があったほうが覚えやすい気がする。

バロックワークスとか護廷十三隊とか幻影旅団みたいなのはベタだけど盛り上がりますよね。

後で出てくるのかもしれませんが、とりあえずの感想でした。

 

祝日移動と4連休

4連休のせいで月曜日から水曜日までが修羅のような忙しさでした(とか言いつつ未了の仕事も多い…)。

ホントはた迷惑なんですよねー…五輪のせいで。

 

まあでも、疲れ気味だったし、ここでの4連休は正直全くありがたくないとも言えない(回りくどい)。

休むかー…。特に旅行とか行けないけど。

 

五輪は、いろいろあり過ぎて多くの人が「どうでもいい」または「失敗しちゃえば?(笑)」みたいな冷笑的な姿勢になってませんかね。

僕だけではない気はしますが。

 

正直、選手村の報道は見る度恥ずかしい気分になりますね。

国費で一流ホテル用意してあげれば、選手村なんか要らないのに。やはり利権なんだろうか。

 

あと、某巨大掲示板ネタですけどお台場の水質だけは冗談抜きで危険な気がするので、今からでも千葉か神奈川あたりに会場変更したほうが良いような気がしますが、そういう柔軟な対応を最も苦手とするのがお役所でしたね。

どーなるのかなあ…。