みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

2018ワールドカップ(6月14日~15日)感想

ロシアは時差がそこまで大きくないので(東西に広い国なので国内で時差があるはずですが)、夜更かしすれば何とか見られる時間帯なのがいいですね。

仕事の時間帯にかかっちゃうと本当につらい。

そんなわけで今のところ、地上波限定ですが一応全試合見てます。

今回、地上波で放送してくれる試合数が多いのが嬉しい。

 

A組 ロシア 対 サウジアラビア

 

うーん、ロシア、ドー〇ングやってないですよね…?お国柄。

いやなんか、既に3-0で圧勝してるのに相手への突っかかり方が尋常じゃないというか…。イエロー食らうくらいなぶつかり方で90分通してたので。

 

A組 ウルグアイ 対 エジプト

 

エジプトのキーパーが凄すぎて応援してたわけですが、残念でしたねー。

まあ強いチームには上に行ってほしいので順当か。

 

B組 モロッコ 対 イラン

 

双方、転がりすぎだろという感じしてましたけど。

そのせいで長いロスタイムに、微妙な、しかしある意味で劇的な勝負がつくという。不思議な試合でした。

 

B組 ポルトガル 対 スペイン

 

これは名勝負でしたね。眠い中見てて良かった。きっと大会ベストバウト候補の一つになると思います。両方レベル高すぎますね。あまりカードが出ず、ビデオ判定システムの介入も適度で良かったと思います。