読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

traveling

J-POP 思い出

倉木麻衣と来たら宇多田ヒカルを出さないわけにはいかないですね(そんなことはない)。どっかで記事にした気もするけどまあ。

 

宇多田ヒカル - traveling  

 

(公式動画)


宇多田ヒカル - traveling

 

2001年かあ…。

 

traveling

traveling

 

 

これ聴くと、なぜか仙台の南町通りにあったゲーム専門店「シータショップ」思い出すんですよね。移転後あまり流行らなかった(ダウンロードの時代が到来、ブックオフなど中古ゲームを扱う店が増えた)みたいで消滅しちゃいましたけど。

この曲が流れる店内(狭い!)で長時間一生懸命ゲーム選んでたからかなあ。

 

どっかで同じこと書いてると思いますが、仕送りに頼りきってた学生時代、ゲームは当然中古、原則980円から1,980円で、限度2,980円みたいな時代です。

 

4,000円とか5,000円とかは高根の花、新品ソフト(6000円くらい)は神の領域でしたね、当時。

 

 

広告を非表示にする