みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

四天王寺の古本市

出張ついでに大阪・四天王寺の「秋の大古本市」に行ってきました。

そもそも大阪の街を歩いたことがなかったのですが、何かそういうイベントがあるということで、人生初の大阪街歩き。

 

f:id:sakyuutarou:20191006135012j:plain

 

年配の方がかなり多かったですね。普通の古本というレベルを超えた古書が多い。

尋常小学校の教科書とかも売ってました。

 

良さげな本があっても、ついついAmazonで古本の価格を確認してしまうのは、我ながらせせこましい庶民の性です。

まあ、既に荷物も結構多かったので、ちょっとほしいなと思う本(昭和40年代から50年代のマイナーなサスペンス小説とか)はありましたが、購入は見送りました。

 

大阪の街は東京とはまた少し違う感じですね。

四天王寺のような文教地区と商業地区と歓楽街がそんなに区別がないかと思うと、いきなり閑静な住宅街があったりして、混然とした感じはします。

見てってやーとかおおきにーとか、店主さんの声掛けは東京よりも多くてイメージ通りでした。