みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ブシドーブレード弐

PS3のゲームアーカイブスで遊び直してます。

過去ブログ含めて何度か紹介してきた気がしますが、大学時代もっとも長時間遊んだソフトの一つ。

20年くらい経っても同じゲーム遊んでるってのは成長してないのかな。

まあ、よく言えば若かりし頃の気分を忘れないってことで。

 

ブシドーブレード弐

ブシドーブレード弐

 

 

ゲームアーカイブスでこれを遊ぶ初心者の人がどれだけいるかはわからないですが、一つアドバイス

 

このゲームを始めたときは、鳴鏡館も捨陰党も基本3名の剣士しか使えません。残る12名の剣士全員を使用可能にするためには、メインモードである「決戦の間」で途中で助っ人に来る剣士を生存させてクリアしないといけないわけです。

で、これが案外に難しい。主人公は負けても再戦できるのですが助っ人はやり直し不可なので、1回ダメならもう一度やり直さないといけない。

特に難しいのが鳴鏡館の風閂編。

風閂の得意武器であるブロードソード(西洋両手剣)は重量級武器で、助っ人一番手の蛍火(くのいち)とも、助っ人二番手の松虫(風来剣士)とも相性が悪いので辛いのです。助っ人2名はいずれも技の出の速さで勝負するタイプだからですね。

でも、蛍火は案外簡単に解決できます。舞台となる陸橋下は段差のあるフィールドなので、段差の上に登って相手が昇ってくるタイミングまで待ち、登ってきた瞬間にダッシュで駆け寄って斬れば何とかなります。弐は元祖と違って卑怯技には割と寛容です。

でも松虫は段差がないフィールドなのでどうしようもないです。

どうしても松虫を生存させることができなければ、御門編を先にクリアして、墨流を先に使用可能にすると良いです。

墨流の得意武器は打刀、松虫の得意武器も打刀。パワーかスピードかという違いはありますが、得意武器が共通です。そして、助っ人一番手として出てくるので、ミスった時のやり直しも楽。 

 

ちなみに御門編は、御門の得意武器であるなぎなたが、ほとんどラスボスに効かないのでラスボス戦だけ苦戦すると思います。

でも主人公は何度でもやり直しできるので、そこそこ使える打刀で最後まで行ったほうがいいかもしれません。槍相手には苦戦するけど、ラスボス難度は下がる。

 

そんな感じで、誰が得するんだって話ですが簡単な攻略情報でした。

しかし、鳴鏡館は、特にメイン3名はエンディングがいまいち後味悪いですね。一見悪役な捨陰党のほうが、実はエンディングは選択次第でだいぶマシという。

 

 

広告を非表示にする

等差数列

高校の時使ってたことのある(使ってたって程じゃなく、まあ積んでた感じだったわけですが)、「チャート式基礎からの数学」をAmazonで買ってみました。安かった。

これは数列のある数学Aじゃないけどこのシリーズ。

同年代の人は参考書コーナーで見たことあるはず。

今の真っ青な青チャートじゃなくて、青っていうか緑ですよねの青チャートですね。

 

基礎からの数学I―新制 (チャート式)

基礎からの数学I―新制 (チャート式)

 

 

等差数列の一般項(第n項)が 初項a、公差dとして

a+(n-1)d

そうだったっけ、と思いつつ計算見てようやく納得。

 

で、ここで等差数列の和を求める公式があるけど、この導き方が今の自分にとっては途方もなく難しい。

当時はけっこう簡単な公式だなと思ってた記憶があるけど。

でも、公式の成り立ちを理解せずとも、とりあえず覚えておけば典型問題には対応できるし、あとは試験で簡単な問題が出るのを祈るだけのヘボ文系思考だったので、今思い出せないのも当然かもしれない。

そのいい加減なヘボ文系思考が今に通じてしまってる面もあるかな。

 

数学なんて役に立たない…けど、やはり勉強はしておくべきですね。

 

 

広告を非表示にする

キャデラックⅡ

とある出張帰りのゲームショップにて、何となくこのパッケージ絵が醸し出す90年代前半感に魅かれて衝動買いしました。

1990年のゲームボーイソフト。

 

キャデラック2

キャデラック2

 

 

内容はさっぱりわからずに買ったのですが、絵柄的にカジノゲームかと思いきやちょっと違った。

テトリスぷよぷよ風の落ち物ゲームです。

ただ、揃えるのはポーカーの役。役を揃えて消していくわけです。

ちょっと遊んでみましたが、暇つぶしにはいいかも。

ただ、さすがに今の時代にゲームボーイアドバンスを喫茶店とかで遊ぶのも気が引けるので、そこだけがネックですね。

 

 

広告を非表示にする

Ритм 122

スマホでこのブログをご覧の方はタイトル下のフォルダのマーク「洋楽」をクリックすれば同じ「洋楽」カテゴリの記事が検索できます。他の「J-POP」「ゲーム」等のカテゴリもすべて同様です。

 

 

何度かこのブログで紹介している、ウクライナの Time & Glass の新曲です。

9月30日配信。

 

  

Время и Стекло - Ритм 122

(公式動画) 


Время и Стекло - Ритм 122

 

Ритм は 「リズム」のことだそうです。

 

 

広告を非表示にする

聖剣伝説3

1995年の名作『聖剣伝説3』。

中古でスーパーファミコン版を買って遊んでます。 

 

聖剣伝説3

聖剣伝説3

 

 

中学生だか高校生くらいのころに、既に2回はクリアしてます。

このゲームは、基本ストーリーは共通ですが主人公を6人のうちの誰にするかによってラストダンジョンとラスボスが3通りあります。

 

以前はたしか、こんな組み合わせでクリアした気がする(記憶があいまい)。

1回目 ケヴィン(光光)、ホークアイ(光光)、シャルロット(闇闇)

2回目 デュラン(闇闇)、アンジェラ(光光)、シャルロット(光光)

 

名前のところの光光とか闇闇は何だって話ですが、このゲームではクラスチェンジという育成があって、まず中盤で光に行くか闇に行くかを決めて、終盤でもう一度、光ならさらに光に行くか、それとも闇を混ぜるかを選べるわけです。

光→光、光→闇、闇→光、闇→闇 の4通りですね。

ストーリーには影響しませんが、戦闘のバランスや難易度が大きく変わるし、使える技もかなり違うので、けっこう戦略性があって面白いのです。

 

今回はホークアイを主人公にしました。3通りのストーリーのうち唯一見ていないパターンだったので。

組み合わせはホークアイ、リース、シャルロット。

シャルロットは回復担当として毎回必ず入れてます。全体ヒールライトがないと中盤以降がきついと思ったので。

リースは、昔遊んだ時はその価値が全然わからなかったのでそもそもパーティに入れようとも思わなかったのですが、『真・女神転生』や『ペルソナ』シリーズを遊んだ後だと補助術の重要性がわかったので今回は入れてみました。

 

遊び始めてみるとけっこう難しい。昔は簡単に思ってたけど。

全滅は今のところ1回、樹海に出現するクインビーのパワーアップからの「光弾槍」であっという間に全滅しました。そんなに強い印象のあるモンスターじゃなかったけど。

 

さてクラスチェンジ。

 

ホークアイは最初はネットのお薦めで最強と言われるナイトブレード(闇闇)にしてみたのです。しかし、致命的な欠点に気付く。

「分身斬」、ナイトブレードの必殺技。画面内のすべての敵を連続斬りするという、見た目も威力もニンジャマスター(闇光)の「影潜り」の比じゃないくらい強いしカッコいい技です。

しかし、演出がチカチカして目に優しくない。

「分身斬」発動中は画面が赤や緑にチカチカとフラッシュするのです。

そうか、これポケモンショック(1997年)以前のゲームだったか…と思い出す。

あのポケモンショックがあって以来、ゲームでも、こういう目がチカチカする過剰なフラッシュ演出は控えるようになっていたんですよね。でも1995年はチカチカ演出の最盛期。そう言えば昔、隣でゲーム見てた親からも(その時は聖剣2だった気がしますが)「この眩しいの何とかならんの」と言われたこともあったような記憶が。

ともあれ、そんなチカチカ演出が、中高生の時は何とも思わなくても、中高年に差し掛かった(?)今は辛い。

こんなのアメリカで売ったら訴訟不可避とか、そう言えば最近Switchで本作も収録した「聖剣伝説コレクション」が出てるけど、このチカチカ演出は修正されたんだろうかとか思いつつ、最初は分身斬出すたびに画面から目をそらしてたんですが、何でゲーム遊ぶのに画面からいちいち目をそらさなきゃいかんのかと思い立ち、相当進めたところでしたが、古いデータからやり直して(システム的に後戻りできないのでデータをロードしてやり直し)、ニンジャマスターにしました。影潜りは地味だけど、水とんや火とんが全体化できるのでザコ戦は良いですね。

 

リースは、これも最初はネットのお薦めでスターランサー(光闇)にしました。でも、ホークアイは攻撃面では地味なニンジャマスター、シャルロットも攻撃は期待できないし、スターランサーも必殺技「流星衝」を使ってみると単体相手の技で意外と地味。天から降り注ぐ高威力の「光弾槍」で全体攻撃したいということで、これもやり直してヴァナディース(光光)にしました。

 

シャルロットだけはネット情報に従って、お薦めとされるネクロマンサー(闇光)にしてみました。イビルシャーマン(闇闇)をもう1回やってみてもいいかなと思ったんですが、ブラウン管でなく液晶テレビで見ると、何かイビルシャーマンはパーマかけた茶髪のおばちゃんに見えてしまったのと、ニンジャマスターとヴァナディースがいずれも紫色の髪なので、シャルロットまで紫基調のイビルシャーマンにしてしまうと見た目がパッとしないなということで、少々顔色悪いけどネクロマンサーでいいかなと。

 

都合2回やり直して、ようやく思い通りのパーティにできたわけですが、こうやって(見た目的にも)ベストの組み合わせを見つけるために試行錯誤するところが、このゲームの楽しさですね。

 

広告を非表示にする