読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

薔薇の名前

 

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

 

 

ウンベルト・エーコ薔薇の名前

 

何年か前に海外ミステリ史上ランキングのNo.1作品として賞されていたので、買ってはみたんですが重厚長大そうなのでずっと積んでいました。

今回、読んでみたら意外に面白かった。

 

中世イタリアの修道院を舞台にした推理小説です。

人名がちょっと複雑なので最初は何度か付属のしおり(人名一覧)を見ながら読み進めないと混乱するのですが、下巻に入るころには大体覚えられます。

堅苦しい出だしですが、それを終われば、あとはシャーロック・ホームズ役とワトソン役の出てくる比較的型式通りの本格推理が始まります。ここは古い外国小説(オリジナル版は80年代だそうです)とは思えないくらい読みやすい。

 

そして読んでいくうちに単なる推理小説ではないことが分かる。

中世ヨーロッパを揺るがした神学論争、宗派の対立、そういった様々な因縁が絡んでくる。

シャーロック・ホームズ(名探偵)役のウィリアムが、真面目に神を信仰する修道僧たちの中にあって、一人だけ近現代的な合理主義精神を持っているのです。当時の人々にとっては神や悪魔の仕業としか思われない事件を、ウィリアムが理詰めで解き明かしていくところが面白い。

 

この小説は、14世紀初めころを舞台にしているのですが、そろそろキリスト教一辺倒の時代を終えてルネサンス(中世を暗黒時代と見て、古代ギリシア・ローマを再生しようとする)が近くなってきている時代ですよね。信仰や文化の根本が切り替わろうとしている時代の訪れが近いことが、作品を通して描かれているようなところが感じられて素晴らしいです。

 

海外ミステリ史上No.1は伊達じゃないと思わせてくれる超大作なので、未読の方は是非。

 

 

広告を非表示にする