読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

基礎英語(1992)

思い出

 

 

基礎英語懐かしいなあ。

小学生の当時、親に言われてやってましたよ。4月開始で3月まで。

ラジオで、夕方6時から「チャラチャチャラチャチャ、チャラチャチャーチャチャ…」みたいな感じで(全然わからないですね、すみません)ラジオ始まってですね。

最初1パート目のダイアローグはもう覚えてますね。

 

Hi Ken.

Hi Sue.

How are you?

I'm fine,Thank you.

 

何度かこの「お題」を練習してですね、そんで簡単な例文を音読したりするわけです。

 

ただねー、自主的じゃないんですよ。ラジオ聴くだけならそんな怖くないんですけど、ラジオ終わった後の親の「理解度テスト」が怖くてですね。ラジオは一人で2階の自室(当時の住まいにはあった)で聴くんですけど、その後に下に降りて、親が帰ってきてから理解度テスト開始。ちゃんと暗唱できるか、とか、綴りは書けるか、文法は理解してるか、とかね。これが厳しかった。今でも覚えてますね。

 

最初のほうは何とかなったんですけど、詰まったのは動詞の三人称。

do と does の使い分けが全然分からなくてですね、「違うでしょ」って何度も言われてテストやり直しで時間ばっかりかかって、あの時は泣きながら勉強してたのは覚えてますね。今考えると中学時代以降はけっこう寛容でしたが、小学生くらいまではスパルタな親だったなあ。完全に課題覚えてからでないとうかうか遊びにも行けませんからね。

 

綴りも、全然学校で習ってないので(今は小学校でも英語やってるみたいですね)、当時は暗号みたいなのを作って何とかしてました。

 

(1)母音はひらがなに変換 a → あ

(2)子音は、原則としてその子音を含む平仮名縦の列の一番最初の文字に変換 

   b → ば   m → ま   k → か

  

どうでしょう。(1)は普通だけど(2)は普通思いつかないと思いますね。当時の自分もよくこんなこと考えたなあと。

 

ですので upstairs    なら 「あぱさたあいらさ」 になるわけです。

forward なら「ふおらわあらだ」 です。「h」に「は」を充てる関係で「f」は「ふ」にしてます。「b」と「v」も同様ですね。

もはや何語だよって感じですけど。

 

そんな感じで小学生時代のことを思い出しました。

おかげで英語の成績は大学受験までずっと良かったですけどね。

 

 

広告を非表示にする